よりみち日誌

記録しなければ忘れてしまう寄り道にこそ、感動の物語があるのではないでしょうか。

Yorimichi #19:流山と浜松町の思い込み

「いらっしゃいやせー!!」


市川に住んでいた時に大好きだったお店を流山市で見つけ、吸い寄せられるように入店。

扉を開けると威勢の良い声が迎えてくれた。


声の主は、調理場の中で重そうな中華鍋を豪快に振るっている。


「何名様っスか!?…こちらへどうぞっ!」と、こちらも威勢良く案内してくれた色黒の若い店員を含め、店には合計3名のスタッフがいた。


「店長!!」私を案内してくれた色黒店員が、緊張した面持ちのもうひとりを連れて調理場へ入る。


店は私しかいないので、声が丸聞こえだ。


「この人、今日から入った新入りさんっス!」

「…面接したから知ってるよ!!」


新人は深く頭をさげた。

「よろしくお願いします!!!」


元気な店だ。気持ちがいい。


好物のスーラータンメンの大盛を注文する。

「スーラータンメン大盛っスねー!!」

色黒は私の注文を確認すると、そのまま厨房に入った。どうやら私のスーラータンメンは、色黒さんが作ってくれるようである。

あー、お腹すいた…。


「いらっしゃいやせーー!!」

再び店長の声が店内に響く。

客が入ってきた。小さい子を連れた家族だ。新入りが慣れない手つきで、冷たいジャスミン茶を用意する。


すると突然、調理場から叫び声が聞こえてきた。

「やべーー!!」と色黒の声。

「どうした!?」と店長の声。


「スーラータンメン大盛にすんの忘れたー!!」


…私の注文分だ…。


「なにやってんだよ!?」

「すんません…!!」

「…そんじゃあそれは、2番テーブルに持ってけ!」

「…あ!!…なるほどっスね!!」


全部聞こえているよ…。私の注文したスーラータンメン大盛は、スーラータンメン普通盛を注文した、後からきた家族連れのもとへ行くのだね…。


私が大盛を注文するような、アクティブな人間ではないと思い込んでいたのかな?


思い込み。


浜松町の安くて美味しい蕎麦の名店『蕎麦冷麦 嵯峨谷』の【あじご飯】を、味付けご飯と思い込んでいた私。

注文して出てきた【あじご飯】が、鯵(あじ)ご飯だった時に、思い込みの恐ろしさを感じた私。




あなたも、そんな思い込みをしていたのかな?


そんな思い込みをしていたかもしれない、色黒の可愛いハワイアンな女の子の店員は、しばらくしてから「たいへんお待たせしましたー!スーラータンメンの大盛っス!」と私の注文分を持ってきてくれた。

健康的に焼けた長い脚が、白いエプロンからすらりと伸びている。


黒縁眼鏡をかけた、とっても綺麗で華奢な女店長さんは、ジャスミン茶の注ぎ足しをしてくれながら「今日も暑いですね」と声をかけてくれた。色白の肌に、黒縁が映えている。


中肉中背、年配男性の新入りさんは、慣れない手つきながら、愛想良くお会計をしてくれた。


Yorimichi with 「カム・ゲット・イット・ベイ」Pharrell Williams

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。