よりみち日誌

記録しなければ忘れてしまう寄り道にこそ、感動の物語があるのではないでしょうか。

Yorimichi #2:福井県順化で食べたおにぎり


福井の名物と聞き及んでいた《おろし蕎麦》を食べようと、ふらりと立ち寄った蕎麦屋さん。

地元のおばあちゃん達が、気兼ねのないもてなしをしてくれる。

惜しみなく大根おろしが含まれる蕎麦つゆ。蕎麦を浸すと、水のように喉を通り抜ける。


思わず追加でオーダーしたおにぎりは、無骨で優しく、おばあちゃん達の歴史と生き様が伝わってくる。

最近美味しいなーと思っていたコンビニおにぎりとは、明らかに一線を画す、おにぎり。


あーー、、中身は梅だったか〜。。。ツナマヨが良かったなー!と思っていた若き日。


やったー!中身が梅だったーー!と感じる昨今。


中身が分からない「おにぎり」の中身は、誰かに握られている。

握る誰かの想いと共に。。。


お米を握るから、おにぎり。

お米だけではない何かも握るから、おにぎり。

おにぎりが、日本人の元祖ソウルフードであることは、忘れるべきじゃない。


やっぱり、寄り道から学ぶことは、深いなぁ〜と勝手に思ってしまった、北陸の夜でした。


Yorimichi with 「青春の影」 チューリップ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。