よりみち日誌

記録しなければ忘れてしまう寄り道にこそ、感動の物語があるのではないでしょうか。

Yorimichi #19:流山と浜松町の思い込み

「いらっしゃいやせー!!」


市川に住んでいた時に大好きだったお店を流山市で見つけ、吸い寄せられるように入店。

扉を開けると威勢の良い声が迎えてくれた。


声の主は、調理場の中で重そうな中華鍋を豪快に振るっている。


「何名様っスか!?…こちらへどうぞっ!」と、こちらも威勢良く案内してくれた色黒の若い店員を含め、店には合計3名のスタッフがいた。


「店長!!」私を案内してくれた色黒店員が、緊張した面持ちのもうひとりを連れて調理場へ入る。


店は私しかいないので、声が丸聞こえだ。


「この人、今日から入った新入りさんっス!」

「…面接したから知ってるよ!!」


新人は深く頭をさげた。

「よろしくお願いします!!!」


元気な店だ。気持ちがいい。


好物のスーラータンメンの大盛を注文する。

「スーラータンメン大盛っスねー!!」

色黒は私の注文を確認すると、そのまま厨房に入った。どうやら私のスーラータンメンは、色黒さんが作ってくれるようである。

あー、お腹すいた…。


「いらっしゃいやせーー!!」

再び店長の声が店内に響く。

客が入ってきた。小さい子を連れた家族だ。新入りが慣れない手つきで、冷たいジャスミン茶を用意する。


すると突然、調理場から叫び声が聞こえてきた。

「やべーー!!」と色黒の声。

「どうした!?」と店長の声。


「スーラータンメン大盛にすんの忘れたー!!」


…私の注文分だ…。


「なにやってんだよ!?」

「すんません…!!」

「…そんじゃあそれは、2番テーブルに持ってけ!」

「…あ!!…なるほどっスね!!」


全部聞こえているよ…。私の注文したスーラータンメン大盛は、スーラータンメン普通盛を注文した、後からきた家族連れのもとへ行くのだね…。


私が大盛を注文するような、アクティブな人間ではないと思い込んでいたのかな?


思い込み。


浜松町の安くて美味しい蕎麦の名店『蕎麦冷麦 嵯峨谷』の【あじご飯】を、味付けご飯と思い込んでいた私。

注文して出てきた【あじご飯】が、鯵(あじ)ご飯だった時に、思い込みの恐ろしさを感じた私。




あなたも、そんな思い込みをしていたのかな?


そんな思い込みをしていたかもしれない、色黒の可愛いハワイアンな女の子の店員は、しばらくしてから「たいへんお待たせしましたー!スーラータンメンの大盛っス!」と私の注文分を持ってきてくれた。

健康的に焼けた長い脚が、白いエプロンからすらりと伸びている。


黒縁眼鏡をかけた、とっても綺麗で華奢な女店長さんは、ジャスミン茶の注ぎ足しをしてくれながら「今日も暑いですね」と声をかけてくれた。色白の肌に、黒縁が映えている。


中肉中背、年配男性の新入りさんは、慣れない手つきながら、愛想良くお会計をしてくれた。


Yorimichi with 「カム・ゲット・イット・ベイ」Pharrell Williams

【番外】花火を一緒に見たい人

この人は今、こんな事を考えているんだろうなぁ〜、と想像する時がある。


本当にその人が、そんな事を考えているかどうかなんて、分からない。


しかし…。


先日、花火大会が開かれた日。

私は、ある人が、確実に…、間違いなく…、こんな事を考えているんだなぁ…、と分かってしまったのである。


花火に気遣うおぼろ月が照らす、我が家のベランダで。



子供の時から、私の理想の夫婦は祖父母夫婦だった。


祖父は、毎晩寝入る間際に、

「今日も1日ありがとう。ご苦労様。」

と祖母に言って眠りについていた。

これは、1日たりとも欠かす事は無かったそうだ。


おっちょこちょいな祖母を、目を細めて見ながら、祖父は楽しそうに茶化し、笑い合っていた。


こんな夫婦になりたい、と、幼心にも思っていた。


祖父は自衛隊員。真面目な性格で、日本酒と演歌が大好きだった。

祖母は、明るい性格で、二人の娘、つまり、私の母と叔母を育て上げた。



7年前。

そんな祖父は、私の母親に、

「お母さんを頼む」

と最期に言い遺して旅立った。


祖父の亡骸に頬を寄せ、涙をポロポロこぼしながら、

「お父さんと一緒にいて、辛い思いをした事なんて1日もなかったよ。毎日、毎日、幸せだったよ。」

と、何度も、何度も、人目も憚らずに祖父に語りかける祖母の姿。


静かに眠る祖父。


日々の感謝と労いを、毎夜伝え続けた祖父が、今までありがとう、と言っているように見えた。



近所の花火大会を我が家のベランダで見るのは、ここ最近の恒例行事。

今年は、両親が祖母を連れてやってきた。


ベランダに椅子を出し、茄子の漬け物を食べながら花火を見る。

小さい声で「綺麗だねぇ…」と呟く姿は、少し寂しそうだった。

遠くに上がる花火を、じいっと見つめている。


あの時…、


(おじいちゃんにも見せたかったなぁ)


…って考えてたんでしょ?


おばあちゃん。



Hanabi with grandfather

Yorimichi #18:錦糸町に絶品担々麺あり

暑い日々が続いていますが、そんな時オススメしたいのが、担々麺です。


仕事で錦糸町に行ったので、大好きな中華料理店、大三元に寄りました。

皆様、錦糸町にお越しの際は、大三元への寄り道をご検討ください(^o^)/



「担々麺ください」


大三元の開店は午前11時半。

その10分後に来店したら、席は既に埋まっていた。


運良くひとつ空いていたカウンターに座り、大好物の担々麺を注文する。

「あったかいやつ?」

おばちゃんが聞いてきたので、あったかいやつで、と答える。


他も旨いのだが、私はここの担々麺が好きなのだ。


外は灼熱。


涼しい店内で、吹き出る汗を拭う。


顔を拭う爽快感。


都心の熱でこびりついた垢が、一気に洗い流されるような感じ。


この爽快感は、一生懸命顔を拭った、3年前のあの日とは全く異なる。


辛い思い出…。


半ベソかきながら、必死に顔を拭った、あの日…。


3年前のその日、私はお気に入りのお店にショッピングに行っていた。

お店で物色していると、ショッピングに付き合ってくれた方が、皮膚用クリームのサンプルがあると言った。

これは肌に良さそうだ、と言うので、私はそれを顔や手にベッタリと塗りたくった。


しかしそれは、皮膚用ではなく、靴・カバンなどに塗布する「革用」だったのである。



あの時は必死に顔を拭ったなぁ〜…。

泣きそうになりながら…。



「お待たせしましたー、担々麺です。」


…やっぱり美味しい!!





Yorimichi with 「トラブルメイカー feat. フロー・ライダー」Olly Murs