よりみち日誌

記録しなければ忘れてしまう寄り道にこそ、感動の物語があるのではないでしょうか。

Yorimichi #20:六本木山椒大夫高瀬舟

どこかから、チャリーン、と、小銭が落ちる音が聞こえてきた。


あの音は、十円だろうか、百円だろうか。

1円や5円ではなさそうだ。だが、500円ほど重厚な音色でもない。


長袖の人が増えてきた東京の昼下がり。


夏が終わろうとしている。


今年の暑さに、頭の天辺から五臓六腑、血肉心神に至る全てをやられてしまった私は、自己回復のために小説を読み漁る事にした。


まずは森鷗外【山椒大夫 高瀬舟】。

昔読んだはずだが、すっかり内容を忘れている。

六本木のカフェで全てを読み終えた。


本を閉じた瞬間、六本木の雑踏が私を取り囲む。

それまでは無機質に見えていた周囲の人々が、思慮深く、奥ゆかしい人間に見えてくるのは何故だろう。


日常の合間、寄り道感覚で短編小説を捲るのもいいかもしれない。

これで少しずつ、猛暑の中で蓄積した疲労を溶かしていこう…。


早速古本屋で、森鷗外【阿部一族 舞姫 】を購入した。

一冊100円(税別)。


100円(税別)でできるリフレッシュ。


100円(税別)も、大切にしなきゃいけませんね^ ^


Yorimichi with「山椒大夫 高瀬舟」森鷗外


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。