よりみち日誌

記録しなければ忘れてしまう寄り道にこそ、感動の物語があるのではないでしょうか。

Yorimichi #16 豊島区で別れたんです。

人生に必ず訪れるものの一つに、別れがある。


たまたま居合わせた豊島区のカフェで、若いカップルの別れの場に遭遇した。


別れは次なる出会いの予兆なのだよ、と声をかけたいのを我慢しながら、私自身の辛い別れと彼等を重ね合わせながら、本日のコーヒーを味わった。



ワカレ其ノ弐

「血のサラダ記念日」


私はその時、鼻歌まじりでサラダを作っていたね。


レタス、トマト、キュウリ。


私が何をする時でも、あなたはいつも真っ先に先頭に立って、いろんな事をしてくれた。


瑞々しいレタスは、サラダボウルから溢れるくらい敷いたね。


私が道に迷いそうな時、いつもあなたは行くべき方向を指し示してくれた。


大き目に切ったトマトは、バランス良くレタスの上に並べたね。


あなたは嫌がらないで、よく私のハナクソを取ってくれたよね。


あなたとの突然の別れは、サラダボウルのスライサーでキュウリをサクサク刻んでいた時でした。


まさかあの、上機嫌に鼻歌を奏でていた時間が

一転して、あなたとの別れの時になるなんて…。


きゅうりがどんどん切れるスライサー。

鼻歌交じりで、きゅうりを滑らせていたから、私はあなたの事が見えていなかったんだね。


いつの間にか、スライサーで刻んでいたきゅうりから、あなたがはみだしてたんだ…。


ざく☆


気がついた時、あなたは、赤い涙を流しながら流し台の排水口へと流れていった…。右回転する緩やかな渦に、赤い足跡を残しながら、流れていった。


さようなら、私の『右手指先(約1mm)』

あなたが私と一緒だった証は、今でも私の指先に、ほんの少しの傷跡として残っています。





Yorimichi with 「Camp(ver.2010)」Caravan

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。